2010年10月12日火曜日

大阪 2日目も無事終了。


10/10 この日は2時間睡眠で正午に集合。
場所は心斎橋。この日は、3連休の中日。
昼から夜まで凄い人の数でした。


SHOWの路面は半端無く波打ってて...
ゴリゴリのアスファルト。
滑りは全くしないけど、逆に全く走らない。


大阪府主催のお祭り的イベントなので、時間はON TIME。
本番の会場は練習もリハも全く出来ない状況。
 真面目に難しい状況でした...
数十万人の人が1日に来ると言う事ですが...


 とりあず皆PROなので、
ライディングは心配ないけど...
SHOW自体のタイミングも全体の進行も...
全く読めない状況。
とりあえず裏の畳5枚分くらいのスペースで...
ウォームアップ。


先ずは、SK8の説明からスタート...
ゆっくり、丁寧に...
 その後、SHOWライディングスタート。


人はメチャ居るけど...
会場も大きく反応が帰ってこない感じ。
ただただ皆、見慣れない動きを集中して見てる。
タイトル通り”大阪と世界を繋ぐ新スポーツ”
日本でのBMXやSK8の認知度の低さを...
何とか改善させたいから引き受けた仕事。
SHOWとして見れば失敗だったかも知れないけど。
BMXやSK8を日本に広めて行く上では必要な仕事と割り切り。
あの路面の悪さ何とかミスも最小限に抑えて...
ライディング終了。

皆、凄かったよーって声掛けてくれるけど...


とりあえず反省会。
明日に未来に繋ぐ作戦会議中。
SHOWチームとしてのね。

ライディングが上手いからどーのこーのって...

コンペディターとしても、ライダーとしても...

自分自身の考えはもう1周してる。
いつも先の未来を想像し続けてる。
正直その中に、多少の焦りも迷いも存在してるけど。
ただ自分自身のやりたい事は、BMXを文化として
世界中のストリートに根付かせたい。

今回は...

シャーリーや、ウッチーの考えを真剣に聞けて良かった。
 俺より確実に、真剣に先に走り続けてる。
PROのSHOWマンの意地を知れて本当に良かった。
勿論、ウッチーはガンガンライダーとしても攻めてし。
 シャーリーは、ビートボクサーとして攻めてるし。

ただ、お金の為や自分が表現したいやり方では無いやり方で...
BMXを伝えてくのは凄く矛盾を感じる。
だからSHOWは、完璧にその役を演じる舞台と自分は捉えてる。
 その役割の中で自分はBMXに引き込む役。
ウッチーはBMXをもっと伝わり易く広める役。
で、今回のSHOWチームは成り立つと感じました。

で、ホテル戻って...

夕食の集合までの時間。

コレ見て勉強してました。


自転車を使ってアートを表現する方法は無数存在します。
で、自分はBMX FLATLNDを表現してます。
自分自身が表現すべき方法と...
 自分自身が進むべき方向を真剣に考えてます。


 良い、悪い、では無く。

とにかく無数無限の表現法方と
自分自身しか出来ないやり方を

 












2 件のコメント:

Naoya さんのコメント...

ナイス。you.

YORK UNO B さんのコメント...

THANK YOU.